家を相続した際の問題点|長らく放置する空き家の管理方法|不動産売却は専門会社にお任せ

長らく放置する空き家の管理方法|不動産売却は専門会社にお任せ

家を相続した際の問題点

メンズ

親が亡くなった際に、土地や家などの不動産を相続するケースがよくあります。たとえば市内の土地や家を相続した人が、同じ市内に生活拠点を置いているような場合であれば、自分でその土地や家を使うということが考えられます。しかし、自宅から遠く離れた場所を生活拠点にしている人にとっては、相続した土地や家が単なるお荷物になってしまう可能性が高いです。たとえ相続した不動産を使っていなかったとしても、所有名義人になっているだけで、毎年固定資産税の請求書が送られてくることになります。不動産の所有名義人を変更しなければ税金を支払わずに済ませられるだろうと考える人がたまにいますが、そのように甘いものではありません。場所によっては、相続不動産の売却仲介や賃貸管理を専門に行っている業者がいますので、相談してみることをおすすめします。

相続した家や土地に住む予定が全くないという場合は、不動産業者に依頼して買い手を探してもらうようにするとよいです。売却時期が遅くなればなるほど固定資産税の負担額が大きく膨らみますので、売却の仲介業務を得意としている業者を利用するのが得策です。もし、相続した家にまだローンが残っており、その分の支払いができないという場合には任意売却を利用するとよいでしょう。任意売却は債権者による強制的な競売や給料差し押さえといったことがなく、残った返済額以下の金額でも家を売却して無理なく支払いができる方法です。債権者の競売は強制的な売却時に裁判所が介入してくるのに対し、任意売却の場合には専門の不動産コンサルタントが直接債権者と相談して解決するといった方法です。不動産コンサルタントの相談によって任意売却が決定した場合には、競売ではローン返済の残高には満たない金額にしかならないものが、市場の相場価格同等の金額で売却することができ、債権者との話によって少額での返済が可能となります。しかし、不動産コンサルタントへの相談が遅いと債権者に差し押さえられて、競売の申し込みを行われてしまう可能性もあるので早めに対処しておきましょう。